新潟発イタリア食堂の挑戦

ローマ出店の理由

料理人、サービスマン、経営者すべてが日本人

この挑戦は過去に遡っても無い。自分達のビジョン、コンセプト、マネジメント力、技術力に自信がある。イタリア人に負ける訳が無いという気概がある。

ローマはイタリアの首都であって、世界有数の観光地。中心地にあれば観光客がどんなレストランであれ、押し寄せる。

しかし、家賃が高いし、ユーロになって食材の物価が4倍にも跳ね上がり、当然のごとくイタリア人の従業員は給料が高くなって雇用できない。

よって、外国人労働者を安価な賃金で雇用し、料理を教え、お客様に提供する。“儲け”を出すために固定費の大半を占める人件費を落とすしかなかったのである。

料理のクオリティーは軽視され、冷凍加工食品を多用し、できるだけ少ない人数でオペレーションできるように欧米レストランの仕組みが導入された。

観光客相手だから。。。

そんな現実の中、イタリアへ渡り、料理修業する日本人。そうではないレストランに出会うこと自体が困難な時代になった。

また、イタリア人自体の失業率が高いのに外国人に労働ビザを与える訳も無く、取得に対して厳格な法律が敷かれている。

DSC_0723 のコピー.jpg