食材仕入パートナー

ランブルスコ

熱烈なファンを持つ食前酒人気ナンバーワン

エミリア・ロマーニャ州のパルマにある“アリオラ”、オーナー マルチェッロ・チェーチ氏。うちのランブルス仔は2011年のルカ・マローニのイタリアワイン品評会のスパークリングワイン部門で第1位になりました。

オーナーのマルチェッロ氏が手に持つのが、第1位の記念トロフィー。
marcello1hp.jpg

驚くのは第2位が、あのカデル・ボスコのフランチャコルタだそう。得点はアリオラが93点、カデル・ボスコが86点という得点差!!(92点以上は、めったにない、最高のワイン。82~91点が最高のワインと称されています)素晴らしいではありませんか!!ルカ・マローニ氏といえば故ルイジ・ヴェロネッリ氏(ワインガイド“ヴェロネッリ”創刊者)に師事し、ワインガイド誌“ルカマローニ”を創刊した辛口でマニアックな評価をする人物。ワインバイヤーのバイブルとして活用されるものです。(2009ルカマローニ誌への掲載)その品評会で最高得点とは。。。驚愕です。その後、興奮ぎみでミーティングが始まりました。これお店に飾ってと用意されていたディプロマです。ちなみに第3位もアリオラのマルヴァーシア・フリッツァンテ・クラウディア(クラウディアは奥様のお名前です)もちろん第1位のランブルスコ・グランクリュ・マルチェッロはオーナーのお名前です。

arioladiplomahp.jpg

アリオラからの素晴らしい眺め。ランブルスコの畑の向こうに見えるのは、パルマ市内。アリオラは、パルマ郊外の生ハムのメッカ“ランギラーノ村”にあります。

hatake0hp.jpg

弱発泡性ワイン“ランブルスコ”の製造過程の素、糖度を高め“ブドウ酵母”を作るタンク。タンクの温度は、36℃と体温同様。

lievito2hp.jpg

その後、下記のタンク内で発酵とガス圧を醸成。タンク温度は0℃~1℃未満。タンクに附属のバルブを空けると“シュー”とガスが抜ける音が。

tank3hp.jpg

瓶詰め、ラベル貼りのラインが並ぶ。
bintsume4hp.jpg

ランブルスコ・グランクリュ・マルチェッロと同じブドウで造られたグラッパ。
lambruscograppa5hp.jpg