スマホアプリ

新卒向けリクルートパンフレット

PRIVATO

IL PACIOCCONE DI CHIANTI -Concept-

イル・パチョッコーネ・ディ・キャンティ
コンセプトメニューワイン営業案内新着情報

イル・パチョッコーネ・ディ・キャンティ

基本、イタリア中部料理とキャンティワイン。

LA STORIA
Trattoria IL PACIOCCONEは、食通で愛らしく太ったイタリア男を意味し、1998年に南青山の街角に“旅先で訪れたイタリアの大衆料理店を演出するお店”として開店しました。
滋味溢れるイタリアの家庭的な料理とワインをリーズナブルな価格で楽しめるお店です。
2007年、映画の街 川崎にイタリア中部料理とキャンティワインをテーマにした大衆料理店Antica Trattoria IL PACIOCCONE DI CHIANTIを開き、南青山同様、地域の皆様に愛されるお店になります。

イタリア中部料理とキャンティワイン
ほとんどの料理において自家製にこだわります。味わうことのできる特別な前菜として、ハム、サラミ、チーズ、鶏レバーペースト、オイル漬けの野菜など。月替わりの旬の素材を用いたおすすめメニューは黒板に記載してあります。素材の味と質には自信をもってお出しいたします。デザートには自家製ジェラート“フィオル・ディ・ラッテ”、ティラミス、チョコレートケーキなどを取り揃えています。自慢のキャンティワインは蔵元からの直輸入、リーズナブルな価格でお楽しみいただけます。
イル・パチョッコーネ・ディ・キャンティ

ショーケースとバンコ(カウンター)
IL PACIOCCONE DI CHIANTIに入ったとたん目に飛び込んでくるショーケースの中には、生ハム、サラミ、フレッシュチーズ、新鮮な野菜が並んでいます。バンコには、アンティークの手動式ハムスライサー、秤が据えられ、また、その背面には、キャンティのワインをはじめとする直輸入ワインがずらり、ワインを飲まずに居られない雰囲気を醸します。
イル・パチョッコーネ・ディ・キャンティ

店内
古きよきキャンティの食堂をイメージしました。室内装飾は温かくて居心地良く、木製テーブルに、紙製のテーブルクロスをかけ、椅子またはベンチに腰掛けて食事をしていただきます。サービスの行き届いた接客はイタリア人カメリエーレのように、人なっつこくて、陽気で明るく、友人宅へでも気軽に立ち寄ったかのような安心感を与えます。

開放厨房と16世紀古式の炭焼き窯
厨房と客席がオープンです。出来上がったものをタイミング良く提供でき、お客様からは職人が手際よく調理する様を見て頂けます。野菜を切る音、素材を炒める音、そして香りも、楽しいひとときを盛り上げます。また、イタリア・キャンティ地方古式の煉瓦を積上げ作った炭焼き窯からは、自家製ソーセージや肉塊を炭火で仕上げます。
イル・パチョッコーネ・ディ・キャンティ

ワイン
IL PACIOCCONE DI CHIANTIのワインは約30種類もの中部イタリアワインを中心とした直輸入ワインがあり、どれも食事に良く合います。フルーティーなものからドライなもの、またフルボディまでそのタイプは様々です。その日の気分で楽しく選んでいただけます。

テラス席
季節の良い日は、12名のお客様を迎え入れられる為のお席をご用意致します。そこは並木の通りに面し、店内薪窯の炎、きびきびとした調理人の動きを望め、時には丘の上の教会"カペラ・サンタ・アンジェロ"の鐘の音も響き、イタリアらしい食の雰囲気をお楽しみ頂けます。
イル・パチョッコーネ・ディ・キャンティ

Basic Central Italian Cuisine and “Chianti” Wine

Story Trattoria IL PACIOCCONE means a cheerful, lovely, fat Italian gourmand. It was opened in Minami-Aoyama, Tokyo in 1998. The concept of the restaurant is “Entertainment of Italian restaurant while traveling”. It has been offering authentic Italian dishes at a reasonable price.
In 2007, in the movie town, Kawasaki, Antica Trattoria IL PACIOCCONE DI CHIANTI was opened, focusing on basic central Italian cuisine and Chianti wine. We wish that it would be a beloved by local people, as well as IL PACIOCCONE in Minami-Aoyama.

Central Italian Cuisine and Chianti Wine
We offer homemade meals in almost dishes. Our special appetizers are raw ham, salami, liver pate, and marinated vegetables. Seasonal specialty is always written on the blackboard. As desserts, our recommendation is homemade ice cream “Fior di Latte”, Tiramisu, and Chocolate cake. Since our “Chianti” wine is directly imported from the winery, you will have it at a reasonable price.

Showcase and Banco (Bar Counter)
As soon as you entered Il Pacioccone di Chianti, you will find the showcase, in which raw ham, salami, fresh cheeses, and vegetables are displayed. On the Banco, an antique manual ham slicer and a balance scale are laid up with directly drop shipped wines behind such as Chianti. With these items, you can’t help drinking wine!

In the restaurant
We have recreated an old-fashioned diner in Chianti. Cozy interior, wooden tables, paper placemats. Service is full of hospitality and cheerful like Italian waiters, and you might relax, as if you visited your friend’s home.

Open Kitchen and Classic Charcoal Kiln of 16th century
As seats and Kitchen are open, we offer you smoking hot dishes at just the right time. The action of kitchen casts, the flavor and the sound of cutting vegetables and cooking foods are also good part of entertainment. Homemade sausages and steak are grilled by charcoal kiln of classic bricks from Chianti.

Wine
We have selected about 30 types of bottled wines from Central Italy, which matches well with our dishes. You may choose your favorite wine according to how to feel from fruity ones to dry ones, also various full-bodied red wines.

Terrace Seats
On fine days in good season, 12 seats in the terrace are available. It faces the tree-lined main street. When the bell of “Cappella Sant’Angelo” Church occasionally rings, you cay also enjoy Italian atmosphere.

ネットショッピング

イタリア料理留学 ICIF(イチフ)外国人のためのイタリア料理学校

有言絶対実行!描いたビジョンの実現力「僕はローマにイタリア料理店を出す!」

facebook

提携生産者の方々

田舎のイタリア食堂の挑戦

La Festa Mille Miglia

イタリア好き

山本幸平

JCB ORIGINAL SERIES